上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.03 詰めの甘さ
 
1.民主党を壊さないこと
 2.自民党政権に逆戻りさせないこと
 3.大震災の復興並びに被災者の救済に責任を持つこと
   〈1〉復興基本法案の成立
   〈2〉第2次補正予算の早期編成のめどをつけること

 1枚の紙片に記された3項目の文章が、あっという間に政局を動かすのですから、政界ってところは面白いところですね。昨日、6月2日、菅内閣不信任案の採決直前に現総理と前総理との間で交わされたそうですが…。
 
 しかし、この確認文書なるもの、一番最初に「民主党を壊さない」とあるところが、この人たちの思考レベルの低さを図らずも浮き彫りにしています。離合集散が日常の、たかが一つの政党を壊すか壊さないか、が至上命題らしく、二番目の「自民党政権に逆戻りさせない」というのも、これと表裏一体のシロモノです。ようやく三番目で震災復興への決意が確認されているという、読めば読むほどおぞましい文書というしかない。

 で、もう一つ、この確認文書、現・前総理の署名があるそうですが、ただ単に項目を列記しただけで、「これを確認したうえでどうするのか」という肝心の「実行確認部分」が完全に欠落しています。「震災対応に目途がついたら…目途は福島第一原発の冷温停止」という菅総理発言を巡って、前総理は「ウソをつかれた!」と激怒したそうですが、残された文書は、この紙切れ一枚だから、これは菅さんの一本勝ちでしょう。

 ビジネスの世界で、こんな文書を持ってきて「この条件で施主が工事を発注してくれました」などと嬉々として上司に報告したものなら、「どこに契約条項、違約条件、日付が入ってるんだ!資金調達計画も入ってないぞ。こんなもん、単なる紙切れじゃねぇか!!」と三日間くらい社内廊下に立たされること必定です。これを世間では「詰めの甘さ」といいます。

 お母様から気の遠くなるほどのお小遣い(政治資金)をいただいていても、そのことに気付かなかったというお坊ちゃま・前総理では、ま、致し方ないことなのでしょうが、浮かばれないのは、漂流する日本列島に住む私たちであり、いまなお途方に暮れて、なお生きる希望を消すまいと懸命の力を振り絞っている被災地の方々です。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/88-b5dcfd85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。