上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110428_150105.jpg  「面白いこと、やってますね~」と、突然、知人から電話がかかってきました。「実にユニーク…会社の空気が変わるんじゃないですか」と。
 どうやら、最近配布されたばかりの当社社内報「えむこあ」を手に入れて読んだようです。この社内報、社内の若手社員による手作りが特徴で、毎号の巻頭は全社員に対するアンケート特集が報じられています。

 今回のアンケートの質問は「突然、あなたが社長に任命されました。まずは、何に取り組みたいですか?」というもの。別に、それほど過激な質問とも思わないのだけど、やはり、多くの社員は戸惑ったのでしょう、未回答が57%に上りました。そりゃそうでしょう。若い頃の自らを振り返っても、いきなり、こんな荒唐無稽?な質問をされても、まず、心の準備がない。ちょっと斜に構えていた若き日の私としては「こんな、現実離れしたアンケートなんかするなよな」と編集委員会のメンバーにイヤミの一言も投げつけるところです。

 で、その回答で一位だったのは「適材適所の人材配置」、二位が「社員全員との面談」。以下、「現場の実態把握」「新規事業への取り組み」「社員旅行の復活」「休暇制度の充実」と続きます。裏返して考えると「必ずしも適材適所でない人事が行われている」「社長はもっと現場と交流して実情を知るべき」「新規事業への意欲が不足している」という指摘にもなるのでしょう。謙虚に耳を傾ける必要がありそうです。

 とはいうものの、本音を言うと、少し、おとなしすぎる回答かな、とも。
 どうせ無記名なんだし、「現経営陣の総退陣」「給与の大幅引き上げ」など、少々刺激的な回答もあるのかな、と思っていたのですが、予想外に生真面目で常識的な答えばかりで、胸を撫で下ろしたというか、ちょっと、期待外れというか。

 「よかったですね、この程度で済んで…それにしても、社内報でこんなきわどいアンケートをして、そのまま載せてるところ、御社、いい会社ですよ(笑)」とくだんの知人。褒められているのか、何なのか。ただただ、苦笑するばかりです。

 ちなみに、今回のアンケートに「いまの仕事に満足していますか?」という質問項目もあったのですが、「満足」と「やや満足」を合わせると71%、女性社員だけだと78%でした。この質問も、かなりきわどいけれど、満足できていない3割弱の社員たちと、もっと向かい合わなくては、と思ったことです。


Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/82-371ef34d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。