上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の鹿児島は朝から春爛漫の気が漂って、どうやら最高気温は20度を超えそうです。
 大げさですが、まさに初夏の陽気。ランチに向かうサラリーマンも上着を脱いで、ワイシャツ姿が目立ちます。

 南九州の山々や街路、公園でも寒緋桜、山桜に続いてソメイヨシノが一斉に開き、まさに今が盛りになっています。
 
ソメイヨシノという桜は、実は自ら子孫を残せない植物だと聞いたことがあります。なぜだか、よくはわからないのですが、この樹木は自ら繁殖することなく、人間の手で接木、挿し木をしないと絶滅する運命にあると・・。

 人間の寿命に寄り添う形でしか生きられない木……いつの日か類人猿ヒト科が絶滅することがあれば、春の陽だまりの中で競うように咲き誇るソメイヨシノも後を追うように姿を消すのでしょうか。

 大震災の惨禍を目の当たりにした影響からなのでしょうか、この春は、浮かれ気分の花見の宴がずいぶん少なくなって、早くも桜花が散り始めています。

 年年歳歳花相似
 歳歳年年人不同

 この春の夜桜は、心に深く染みてきます。

ソメイヨシノ



Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/72-949fefdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。