上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.25 二週間
 目を覆いたくなるような大震災から今日で二週間。福島原発も予断を許さない状態が続いています。

 民放では通常の番組編成に戻っていますが、この未曾有のカタストロフィの残像を引き摺っている多くの人たちが、通常のテレビ番組をどの程度観ているのか…気になります。

 それはともかく、しばしば報道される避難被災者たちの表情や言葉に、かつての阪神大震災よりも深い虚無の漂いを感じてしまうのは、私だけでしょうか。もちろん、阪神大震災の被災者の皆さんの悲嘆や不安が、今回の震災より軽かったという意味では決してありません。一つひとつのかけがえのない人生を根元から揺さぶられたという意味で、被災者の哀しみ、辛さを比較すること自体、意味のないことです。それでも、岩手や宮城や福島の各地の避難所で見せる被災者の皆さんの、ふとした瞬間の横顔や後ろ姿に、埋めきれない何かを感じてしまうのは、なぜなのか。

 想像を絶する津波により、家族・友人、知人も含め、根こそぎ地域の共同体を失くしてしまい、もはや「戻る場所」のないギリギリの崖っぷちに追い込まれてしまった…その奈落のように深い喪失感が伝わってくるからなのかもしれません。一人の人間として生まれ、育ち、育み、老いてきた、その記憶の拠り所の一切合財を失ってしまうことの不条理、理不尽を、経験していない私には想像することすらできません。

 日常の暮らしの場面のあちこちで、「相手の身になって考えてみよう」などという言葉を、しばしば耳にしますが、そもそも、「相手の身になること」がどれだけ困難なことか…。どれだけ心を砕き、想いを巡らせても、そう簡単に「相手の身になること」なんてできないことを知った時、この震災を本当に自分のものとして受け止める作業が始められるのでしょう。

 三月も残り一週間足らず。いつもなら、出会いと旅立ちの季節を彩るように桜がほころび始める時期。この春は、心に染み入る桜花になりそうです。

 

Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/67-ee197e16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。