上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 以前、このブログでもご紹介した柴田トヨさん。宇都宮在住の99歳の詩人のおばあちゃんです。
 その柴田さんが、今回の震災の被災者に向けて、一篇の詩をよんでいます。

  ・・・・・・・・・・・・・・

 あぁ なんという

 ことでしょう

 テレビを見ながら

 唯(ただ) 手をあわすばかりです

 

 皆様の心の中は

 今も余震がきて

 傷痕(きずあと)がさらに

 深くなっていると思います

 その傷痕に

 薬を塗ってあげたい

 人間誰しもの気持ちです

 私もできることは

 ないだろうか? 考えます

 もうすぐ百歳になる私

 天国に行く日も

 近いでしょう

 その時は 日射(ひざ)しとなり

 そよ風になって

 皆様を応援します

 

 これから 辛い日々が

 続くでしょうが

 朝はかならず やってきます

 くじけないで!


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後の一行は、柴田さんの処女詩集のタイトルですね。

 付け加える、何も、ありません。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/66-43205002
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。