上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西日本地域に豪雨災害をもたらした梅雨前線もようやく北上し、今日の鹿児島地方、久しぶりに青い空が戻ってきました。
 とはいうものの、向こう一週間の予報は降水確率20%前後の日が続いていて、気象台も、梅雨明け時期を測りかねているようです。
 「梅雨明け十日」という言葉があります。梅雨が明けてからの10日間は、からっとした晴れの天気が続きやすいことから生まれた諺です。この「10日間」というのは梅雨と夏の季節に活躍する太平洋高気圧が、10日周期で強くなったり弱くなったりすることからきているとか。
天気の影響を直接受ける登山や海水浴などは、梅雨が明けた後を見計らって、10日以内に出かけると、天気に恵まれる・・そんな時に使う言葉ですが、今日の空を見ていると、とても、そんな安定した夏空には見えません。
 地球温暖化の影響かどうか、季節の巡りにもメリハリがなくなって、自然も人間も社会も背骨を持たない軟体動物化しているような…。シャキっとしなくちゃ、と自分に言い聞かせています。

Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/6-15a3959e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。