上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.01 衣替え
年度の後半スタートの今日、鹿児島は薄曇りの穏やかな朝になりました。
月始め恒例の全社朝礼、女性社員は冬のユニフォームに衣替えし、男性はクールビズ終了でネクタイ姿。過去をリセットして、新しい歩みを踏み出す日にふさわしいフレッシュな光景でした。
衣替えの起源は平安時代の宮中行事だそうです。中国の風習に倣って旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えるよう定めたといわれます。
江戸時代になると、江戸幕府は公式に年4回の衣替えを制度化しました。武家の制服は、旧暦の4月1日から5月4日が袷(あわせ=裏地付きの着物)、5月5日から8月末日が帷子(かたびら=裏地なしの単仕立ての着物)、9月1日から9月8日が袷、9月9日〜3月末日が綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)とされたといいますが、秋の袷の期間はわずか8日間。結構細かかったのですね。
現在は、6月1日から9月30日が夏服、10月1日から5月31日が冬服というのが一般的なようですが、こうした習慣も、四季の折々の気候変化が規則的に訪れる日本列島ならではのものなのでしょう。
暑けりゃ脱げばいいし、寒けりゃ厚着したらいいじゃないか・・・と、期日を定めての衣替えに抵抗を感じる人たちもいるのでしょうが、長い暮らしの営みの中で形成された衣替えの習慣は、ただ単に、暑い寒いという生理的なニーズだけではなかったような気もします。
衣を替える、暮らしの形を少しだけ変えることで、揺らぎやすい自らの心に新しい風を吹き込む。そんな知恵と想いが生んだ風習だと考えれば、衣替えの今日、10月1日が、心すべき一日に感じられてきます。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/26-441c9c2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。