上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「取締役って、何を取り締まっているの?」と、かつて教えていた大学の学生から聞かれたことがあります。「取り締まり」というと、警察の一斉検問や歳末パトロール、暴力団への一斉摘発などを連想しますが、さて、取締役は何を、誰を取り締まっているのでしょうか?

当社にも10人の取締役がいます。この取締役は株主総会で選任され、互選で最高執行責任者である代表取締役(1人とは限りません)を選びます。この代表取締役が、会社の利益に反するような行動をしないかどうか、目を光らせ、取り締まるのが取締役のミッションなんですね。そうしないと、代表権を持つ人物が時に暴走し、企業利益を大きく損ねてしまいかねない。いわば、トップへのお目付けとしての役割です。

もう一つ、警察用語の「取り締まり」とは別の意味で、「取り仕切る」という言葉があります。会社の業務全般を「取り仕切る役」という任務もあるのですが、会社業務の場合は事業年度ごとに「締める作業」が必要です。そういう意味で「締める取り仕切り役=取締役」という意味も込められているといわれています。


あの公共放送の新会長が、全理事に日付の入っていない辞表を提出させていたことが、国会で問題になっています。特殊法人であるNHKの理事は株式会社の取締役にあたります。彼らは代表権を持つ会長が暴走しないように牽制する立場にある訳です。会長を取り締まる立場にある人たちに、取り締まり対象の会長が辞表を預かるということが、いかに非常識なことか…。安倍クンのお友達で三井物産の副社長も務めたそうですが、昨日の国会では「一般社会ではよくあること」と答弁していて、空いた口が塞がりませんでした。警察官の任免権を暴力団に渡すようなもので、もし、役員の辞表を前もって預かる社長がいれば、コンプライアンス違反で株主、監査役、公認会計士から責任を問われかねません。さらに気になるのは、この辞表預かり劇、NHK内部の茶坊主が新会長に入れ知恵したんじゃないか…と、そんな気もしないではありません。どこの組織にも、そういうバカがいるものです。

NHKもひどいことになったものですが、世の取締役が、代表者の経営のあり方を監視し、本来の役割を果たしているかというと、とんでもない。日本の企業の役員は社内従業員から選抜されることが多いので、「自分を引き立ててくれた先輩である社長」に頭が上がらない。首を傾げるようなことがあっても、面従腹背、ひたすら上の顔色をうかがって無事安泰の日々を過ごすことに汲々としているのが実情です。オリンパスや大王製紙の事件などがあって、最近では社外取締役を増やす動きも出てきていますが、まだまだ道半ばです。

代表権を持つ立場として言うのも何なんですが、上の顔色なんかうかがう暇があったら、会社で働く人たちの最大利益(お金だけではなくて)をどう生み出していくかに目の色を変えて取り組んだ方がいい。「モノが言えない役員会」「上司に意見を言えない職場」になってしまっては、NHKを笑えません。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/211-e1adb399
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。