上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.04 魚が消える日
食糧自給率が40%を切り、世界的な穀物価格の上昇とTPP交渉参加で、食糧安全保障が注目を集める中で、何となく、「米と魚だけは大丈夫」と思い込んでいたら、とんでもない間違いでした。このところ世界の水産資源は急速に悪化しており、以前、「サイエンス」誌が「2048年には海から魚が消える」という論文を掲載したこともありました。

 四方を海に囲まれ、海があれば魚は無尽蔵に存在する‥という思い込みが、根本的に間違っていることを教えてくれたのは幻冬社新書「これから食えなくなる魚」(小松正之著)です。資源論、消費論の両サイドからデータを収集し、分析した力作で、ぜひ、一読をお勧めしたい本です。

 この本にによると、日本の水産物の自給率は50%台で多くを輸入に頼っています。ところが、その輸入も最近ままならなくなっているんだそうですね。理由はいろいろありますが、一つは日本人の消費性向というか、魚の食べ方の特殊性です。日本の外食産業や量販店は「画一的な品揃え」を求めがちで、常に同じサイズの魚を同じ価格で仕入れて当たり前と考えている。ま、メニューにアジフライ定食があれば、日によってアジの大きさが異なるのは困りものでしょうけれど、そもそも、天然資源である魚で画一的な品揃えを求めるのは面倒な要求なんですね。また、見た目を必要以上に気にするのも日本市場(消費者)の特徴なんだそうで、輸出元としては厄介な貿易相手ということになります。

 もう一つ、白身魚のすり身を多用するのは日本の食文化ですが、これも諸外国が日本への輸出を避ける一因になってるそうです。スケソウダラであれば、手間ヒマかけてすり身にして日本に出荷するより、そのままの状態で輸出できるヨーロッパの方がいい。日本の面倒くさい食文化にイチイチお付き合いしていられない‥‥ということなのでしょう。考えてみれば、かつては台所で母や祖母が、擂り粉木ですり身を自ら作っていたものですが。

  日の光今朝や鰯のかしらより   蕪村
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/205-d1e20c98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。