上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.25 灰神楽の朝
 
昨夜の猛烈な火山灰で、鹿児島市街地は今朝からすさまじい灰神楽に見舞われています。


            120725 480


 街路樹のクスの緑、濃紺の鹿児島湾、その向こう、桜島の真上に真っ白な積乱雲と抜けるような青空…。鹿児島の夏はすべての風景の輪郭がはっきりしていて、例年なら梅雨明け十日のこの時期は、もっとも街が輝く季節。
今朝は、傘をさし、マスクをして通勤通学を急ぐ人たちの姿が目立ち、硫黄の臭いが漂う無彩色の街に一転しています。

 桜島降灰には慣れていても、1年5か月ぶりの南岳噴火でのこの凄まじい灰にはうんざりですが、一方で、今朝の朝刊には「首都圏や東北地方で最大値のストロンチウム」との報道も。

 目に見えぬ放射能汚染にさらされる方々のことを思えば、この程度の降灰にしかめっ面をしている場合ではありませんね。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/168-c90cd5f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。