上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.14 神話の森
 この週末、鹿屋のバラ園を訪ねた足で、初めて吾平(あいら)山陵に行ってみました。

 うんと以前から、帝皇の塚墓である山陵が、この鹿児島にあることが不思議だったのと、こういう機会でもなければ、死ぬまで大隅半島の山中にある山陵に足を運ぶこともないだろう…との想いからです。

  いやぁ、びっくりしました。宮内庁の管理なので、そこそこ、厳粛な佇まいなのだろうとは予想していましたが、鬱蒼とした新緑の照葉樹林に囲まれて玉砂利の参道を歩くと、ウグイスの鳴き声とせせらぎの音だけが支配する世界…昼間だというのに、森のかしこからじっと見つめる「もののけの視線」を感じてしまう。伊勢神宮になぞらえて小伊勢と呼ばれるのもわかります。


       IMG_3201_1.jpg

 なぜ、九州南部の最果てに帝王の墓が祀られているのか…不思議だったのですが、ここに葬られたと伝えられるのは初代・神武天皇の父である「鵜草葺不合命」と母の「玉依姫」なんだそうで、日本書紀や古事記、延喜式でも紹介されています。詳しくはネット検索でどうぞ。


        IMG_3199_1_1.jpg



 ま、由来は神話に属するものでしょうから、真偽はともかくとして、ちょうど全国各地の氏神様が鎮守の森を守ったように、この山陵もまた、手つかずの南九州の森林と流れ、空気と匂いを何百年にもわたって守り続けてきたのでしょう。

 鹿児島県内には、神吾平山陵の他にも薩摩川内市に可愛(えの)山陵、霧島市溝辺町に高屋山陵がありますが、実際に訪ねた人は少ないんじゃないでしょうか。別に勤皇家でも何でもありませんが、山萌える一日、神話・伝説の無言の力を改めて実感させられた午後でした。


Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/159-d558c8d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。