上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.06 花見の季節に
 この春は例年に比べて風の強い日が続いているようです。そんな強風のせいか、昼休みに外出してみると、頭上に花吹雪が舞って、満開の桜もいいけれど、散り初めの桜の風情 も悪くない。

 今日、金曜日は鹿児島では夜桜見物のピークになりそうで、市内の真ん中を流れる甲突河畔は朝から場所取りの青いビニールシートがぎっしり。この春は、花の見えない屋内での宴が続いて、とうとう、花見もできないまま打ち過ぎそうですが、花見に縁遠くなったの理由はそれだけではありません。どうも、あの青シートに抵抗感があるのです。

 花見といえば、日本人は桜の花の下にもぐりこむように下から桜花を愛でるのが普通ですが、こういう風習が広がったのはいつからなんだろう。古の中国では、花見といえば梅の花。しかも、山腹に広がる梅園の花々を離れて眺めるのが普通だったようです。水平、もしくは上から花々を眺望するのと違って、花の下にもぐりこみながら花を見上げるのは日本人だけだ、と聞いたことがあります。

 何の根拠もありませんが、花木の下に身を置くのは、花から降り注ぐ樹木の魂、樹霊を浴びながら「春=再生」を願うという日本人独特の想いがあるような気もします。

 さて、青シート。子どもの頃、両親や近所のオバサンたちに連れられて花見に行った時は、必ず巻き込んだゴザや筵(むしろ)を持たされたものでした。ワラ縄やイ草を編み込んだゴザや筵の色も感触も、桜の花や春霞に煙る山の初々しい緑に見事に調和して、ザラリとしているけれど、温もりを感じるものでした。それに比べて、剥き出しの人工色である青いシートの興ざめなこと!

 野の道を歩きながら、山径の傍に咲き乱れる桜を、「おや、こんなところで…」と見上げてみる。若い芽を吹き始めた草の上に腰をおろし、おにぎりとビールがあれば、それでよし。


夜桜

 草枕まことの花見しても来よ  芭蕉


Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/153-ea36dc3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。