上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.06 求む男子!
「求む男子 … 危険な旅。微々たる報酬、極寒、完全な暗黒の長い日々、不断の危険、安全な帰還の保証なし。成功の際には名誉と知名度を手にする」

 これは、今からちょうど100年前の1910年頃、英国で南極探検隊を募集した時の、新聞広告だそうです。給与も休暇も明示されない、何とも破天荒な広告ではありますが、何と、この求人広告に5000人が応募したといわれています。

 人は何のために働くのか、あるいは、動くのか。金銭だけではない、ある種の自己実現のために、人間は時として計算抜きで触発され、行動することがある。類人猿ヒト科という動物の行動原理は、言われているほど「欲」にまみれたものとは限らないのでしょう。
 生き甲斐、生きている実感、について考えさせられるエピソードではありますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/15-5b814f1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。