上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.14 愚劣の上塗り
 輿石東民主党幹事長が鉢呂氏の発言を報じた民放関係者から事情を聴いた、と報道されています。

 鉢呂発言とは言うまでもありません。8月9日夜、東日本大震災被災地視察から赤坂の議員宿舎に戻った際、囲んだ記者の一人に防災服を近づけながら「ほら、放射能、うつしてやるぞ」(「くっつけるぞ」と言ったという説もある)と言った、あの一件です。

 最初に報じた民放関係者に、輿石幹事長が何を問い質したのかわかりませんが、たぶん、「あのケースはオフレコだったはずだ」といった抗議の意を含んだものだったのでしょう。

 そもそも、オフレコは公式会見以外の場(懇談などと呼ばれます)で、本音を語るけれど、その情報が出回ると多方面に好ましくない影響が出るため、一時的に報道差し止めを要請、記者側が応じた時のみ成立するものです。むろん、時と場合によっては取材する側、される側の暗黙の了解で成立することもありますが、鉢呂・前経産相の場合、民放記者が報じたのは「放射能をうつしてやるぞ」という言葉に込められた情報ではなく、そうした発言を平気でしてしまう前経産相の閣僚としての資質を伝えたもので、オフレコ以前の問題です。むしろ、その場に居合わせた全国紙も含む他の記者たちの鈍感さこそが問われるべきでしょう。

 与党の幹事長が、報じた当事者を呼びつけて事情を聴くなどという行為は、どう見ても公権力による報道への威嚇、介入としか受け取られない訳で、元々、反権力・反体制の旗を立ててきた日教組の親玉である輿石幹事長も、所詮、この程度の理性しか持ち合わせていないのですね。ま、わかっていたことですが…

 それにしても、かつての自民党と変わることのない民主党の俗物体質と、幹事長の呼び出しに唯々諾々と従った「民放関係者」のだらしなさに、溜息が出てしまいます。
Secret

TrackBackURL
→http://tenokuchinomadokara.blog133.fc2.com/tb.php/118-8cb93f55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。