上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なんだろうね、この狂騒曲は。
 このところ、どのチャンネルもオセロ中島と女性占い師のドタバタで占領されて、昨日は家賃滞納訴訟の判決速報まで流れる始末。昨夕は、ワイドショーならぬニュース番組まで「中島敗訴」を延々と伝えていて驚愕しました。

 ゴールデンタイムも同じような顔ぶれの芸人たちが、同じようなネタで貧しい言葉を乱発する安上がり番組のオンパレード。この国のテレビ、とりわけ民放の「貧すれば鈍する」は極限状態に来ているようです。健全な娯楽番組などというつもりは全くありません。本来、テレビメディアはライブの無秩序、想定外を真骨頂とするもので、あらかじめ制作者が掘り込んだ水路に、予定通り水が流れるような番組ほどつまらないものはない。「取り返しのつかない一瞬」を伝えてしまう醍醐味がライブメディアであるテレビの生命線だと思うし、面白くなければ、確かにテレビではないとも思うのです。

 が、それにしても、です。あの金太郎飴のようなお笑い芸人のはしゃぎを聞いていると、その辺の居酒屋で中途半端な年代のオッサン、オバサンや若者たちが、バカ乗りしている会話のレベルとどこも変わらない。言ってしまえば、アマチュア。とても、それでお金を受け取るようなプロの域には達していないのですね。

 全ての番組がそうだとはいいません。最近、さすがだなと思うのは、NHKの手話番組…子どもが聴覚障害をもっているSPEEDの今井絵里子さんを起用してのこの番組の心と作り方の丁寧さには舌を巻きます。「鶴瓶の家族に乾杯」も、「仕込み」を「仕込み」と感じさせない作りは、ちょっと叶わない。なぜか、NHKばかりですけれど。

 民放キー局の制作現場の劣化は、テレビの未来に深刻な影を投げかけているようで、メディアに生きて来た身としては、何とも憂鬱なこの頃です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。