上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.28 学生二題
 京都大学に早稲田、立教、同志社と、相次いで新手のカンニングが発覚しました。
試験時間内に入試問題がYahoo知恵袋に投稿され、広く模範解答を求めたというもので、新手とはいうものの、既に、中国や韓国では以前から同様手口の不正が横行していたそうです。

 Cunningとは「ずる賢い」という意味ですが、英米では日本語でいうカンニングの意味は無く、和製英語のようです。英語ではcheatingと表現しているそうですが、私たちの若き日は、筆箱や鉛筆、消しゴムにデータを書き込んだり、両手のひらに年号表を細字で記すなどしたものでした。

 ただし、そんな半分面白がってカンニングしたのも、模擬試験、中間、期末考査くらいまでで、本物の入試では怖くて、とても、できなかった。バレれば、即、不合格で、しかも、静まり返った入試会場の緊張感は、とても、そのような冒険行為を許すような雰囲気ではありませんでした。今回、短い試験時間中に、どのような手を使ってYahooに投稿して、模範解答を入手していたのか…事の是非善悪は別として、相当な心臓の持ち主ではあります。

 カンニングの歴史は古く、かつて、中国での科挙試験でも見られたそうですが、発覚して、受験生のみならず家族全員が死刑になったケースもあったといいます。
 aicezuki君にそれほどの覚悟があったのなら、まだ救いがあるのですが…。

 それに比べて、某地元国立大学の三年生の引き起こしたバス横転事故の情けなさ!卒業まで一年残して、就活に悩んでいたと伝えられていますが、ただただ、呆れ果てるばかりです。思いもかけないリストラに遭ったり、会社が倒産したり、母一人で大勢の子を育てたり、身体が不自由でも自立した暮らしを求めて懸命に生きている人たちに比べ、何と恵まれた我が身の幸せを考えることはなかったのでしょうか。

 子どもは大人の写し絵といいます。先行する私たちの世代、つまり、大人たちが作り上げてきた時代の負の風景が、そっくりそのまま、子どもたちの世界に反映されているのでしょうが、それにしても、最近の学生諸君、少々、ヤワ過ぎるんじゃありませんか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。